Img_5a5373febe16e4f584c4f23595f1f239
3日目は『葉と水と:お茶のきほん学び』からスタート。
堀口一子さんは関西在住ですが、今や全国各地でお茶淹れはもちろん茶作りの講師としても活躍しています。聞けば中国茶を仕事として18年だそうですが、その情熱は増すばかりとのことそれがとても伝わります。そんな一子さんに、今回は2時間で「緑白黄青紅黒」の六大茶を一気に体験できるという贅沢なお教室をお願いしました!私も学ぶ気満々だったのですが、残念ながら他の業務で最初の10分くらいしか覗けず、く〜っ。

仙台初め東北ではお教室が少ないそうで、皆さん東京まで通われている方も多いとのこと。私も度々、良い先生を知りませんか?と聞かれることがあります。そんなお客さまの話しを中さん一子さんと聞きフムフム。ちょっと可能な形を考えてみましょうね〜という話しが急浮上。近々嬉しいご案内ができるかもしれません。
Img_792d353e7a9b58613e1820f41aeacc6d
Img_745a0a31df7b42cb24ca68bffbf57a01
Img_5db626444002742f52d5f44877402165
2階で教室をしているのと重ねて『土と火と:市川さんと器づくり』を庭で開催。
形成、乾燥、焼成までを4時間で終え、夕方からはその作った菓子皿でお茶会をする予定です。
一体数時間で焼き物ができるものなのか?無知な私はちょっぴり不安。でしたがそこは流石。大きな雨に降られることなく見事出来上がりました。(ひとつだけ割れてしまいましたが、その方には市川先生作のをプレゼント!)

驚いたのは、土には釉薬は掛けず、その場の地面の土や砂をまぶして焼いたこと。
このなんてことのない庭の土を?どうなるの?大丈夫?頭の中は?マーク。
しかし焼き上がるといやはや!銀になったり、白くなったり、ガラスみたいになったり、様々な質感色合いに変身、普段なんてことなく踏みしめている地面ってこんなきらきらした顔も持っているのかと大感動でした。
Img_5d5fa159dbfe404af16fb3601155d6f7
そんなこんなで今夏もまた、盛りだくさんでとてもたのしい3日間が終わりました。
また来年、蓮花が咲いたころに東北の皆さまの元気な笑顔にお会いできたらと思っています。
今年も本当に本当にありがとうございました!





茶遊記フェイスブックの他、新しくインスタグラム(@chayuuki)も始まりました。
中村さんの美しい写真で様子が見れますのでぜひ覗いてみてくださいませ。